無担保のリスクをノンバンクが負うことによって

カードローンについては、大手の銀行や消費者金融(ノンバンク)を含め、非常に多くの会社が参入しています。ちなみに、ノンバンクは「消費者金融」「クレジットカード会社」「リース会社」など、銀行以外の業態を指します。

そのため、利用枠で考えると個人向けカードローンよりもビジネスローンのほうが多くなります。年収に関係なく事業資金を調達し、資金繰りを改善させることができるのです。例えば、私は以下のように2枚のビジネスローンを保有しています。

ビジネスローンは金利が高いため、通常なら銀行や日本政策金融公庫に頼るのが当然になります。ただ、そうした融資が難しかったり、いますぐ事業資金が欲しかったりする人が申し込むケースが基本です。

総量規制でお金が借りづらくなり、消費者金融の売上高は規制前の1/4となりました。そして、最近ではバンク系の事業融資が主な融資先となっています。

こんな場合、銀行融資を待っている間に優良物件や人材、チャンスが逃げてしまう可能性がありますよね。一時的にノンバンク系融資を受けることで資金繰りがうまくいき、結果、決算書の内容もよくなれば銀行融資も受けやすくなります。

同様にクレジットカード会社はカードによるキャッシングサービスに力を入れています。銀行から借りるよりも金利は高くなりますが、少額・短期の貸し出しにおいて、その利便性の高さを消費者や零細企業の経営者から認めてもらえるようになることが今後の課題とされています。

ノンバンクのビジネスローンとは?メリットとデメリット