電話占い相談の仕方。失敗しない為の方法

・聞きたいことをまとめて、自分のことを話せるようにする
電話占いとはある意味独特な空間の中で始まります。
初めて話す相手と顔が見えない中で相談するような形で占いをすることになります。
雰囲気にのまれやすく緊張もしやすくなってしまいます。
電話占いは時間制をとっており、時間がかかればかかるほどお金がかかる仕組みです。
時間は有限ですので、話したいことはその中で話さないといけません。
いざ電話が始まってパニックにならないためには、聞きたいことは頭の中でまとめておくのが良いです。
又はノートなどに箇条書きして聞きたいことは事前にまとめておきます。
また性格的に聞き手、遠慮してしまう人や引っ込み思案な人は、ついつい流されてしまって自分のことを話せないで消化不良になったりもします。
電話占いも商売でお金をはらっているものですので、遠慮する必要はありません。
電話を切った後後悔しない為には、自分の言いたいことや伝えたいことは忘れないで言うことが大切です。
・先生の話は良く聞いて、できれば忘れないようにメモする
普段から仕事でコールセンターや電話をとることをしていて、人の言っていることが瞬時にまとめられたり理解している人は良いのですが、たいていの人は真剣に聞いているはずなのに、電話を切ったあと忘れてしまったり、肝心なことを思い出せないことがあります。
電話占いをすることにあたって占い結果より、より素直に話せたことに満足する人もいますが、本来の目的とは少しずれてしまいます。
鑑定結果はメモして占ってもらう量が多いなら、携帯の録音機能などをつかって保存していくのもよいです。
あとから聞き返すことで復習になったり、聞き逃していた大切なことに気づくことがあります。
電話占いの時間を有意義に使うためには、先生の発言をより理解することも大切です。